静岡のダイカスト金型設計は山津精機|製作の流れ

製作の流れ

製作の流れ

1. 打ち合わせ
お見積り後、受注いただいた製品の具体的な打ち合わせをいたします。素材図検討、PL面検討、取数、鋳造機仕様、冷却、ランナー・ゲート、オーバーフロー方案、その他付帯設備(集中冷却・チルベット・真空装置等)を製品形状・取数に応じて、歩留まり率の良い、不良品の少ない(0は無理ですので)金型設計をご提案いたします。
  • 2. 設計の画像
2. 設計
お客様との打ち合わせに基づき、ご要望を反映した金型設計に入ります。2D図(組図、入子図、スライド図、ピン図、各部品図等)を製作し、製品形状(組図、入子図、スライド図、ピン図等)に関しまして、3Dモデリングを製作いたします。ここで不具合が発見された場合はお客様にフィードバックし、改善策をご提案いたします。
  • 3. モデリング・データ出しの画像
3. モデリング・データ出し
現場に紙図、2Dデータ、3Dモデリングデータを渡し、加工の準備に入ります。ここで加工データ(加工パス)を出力し、各機械(マシニング・放電・ワイヤー)に加工データを転送します。
  • 4. 粗加工(焼入前)の画像
4. 粗加工(焼入前)
粗加工(焼入前)はほぼマシニングセンターで加工しますので、ワークのセッティングデータ確認、刃物のセッティングなどを段取りし、加工に入ります。
5. 仕上加工(焼入後)
焼入れによるヒズミ、曲がりが出ますので、それを修正しながら製品形状等の仕上げ加工に入ります。マシニングセンター・型彫放電加工機・ワイヤー放電加工機等を駆使し、慎重に仕上げます。
  • 6. ミガキ・仕上の画像
6. ミガキ・仕上
機械加工が終わったワークをさらに砥石、ダイヤモンドペーストなどで丁寧に磨き、カッターマーク、放電加工屑を除去し、仕上げていきます。
  • 7. 組付・調整の画像
7. 組付・調整
いかに正確に0.01~0.02誤差で仕上げても、アッセンブリーして組付けしていくと誤差が積層していきますので、最後は熟練者の技術で調整していきます
  • 8. 出荷の画像
8. 出荷
こうして完成した金型を梱包して出荷します。

お気軽にお問い合わせ下さい。055-921-6996 055-921-6948

技術紹介
リブ形状の加工の画像
リブ形状の加工
リブ形状の加工は、一般的には放電加工で行われています。しかしながら、リードタイムの短縮・低コスト化・金型の長寿命化の視点で考え、長年の蓄積技術により、独自の刃物経路を生成し、出来る限りリブ形状を切削としました。
Pick up
2017年10月新規マシニングセンター導入しました。
今後の、仕事の効率化と受注の拡大を視野にマシニングセンターの導入を計画しておりました。10月に設置し、やっと本格的に稼働し始めました。
キャパシティーが増えましたので、宜しくお願い致します。
Pick up
2016年10月 グラファイト放電加工機新規導入
(株)ソディック社製 精密放電加工機 AG60L 10月に導入決定しました。
これにより、去年導入済みの、グラファイト加工機をフルに活用できるようになりました。
Movie

ダイカスト金型 設計・製作

ダイカスト金型 設計・製作

有限会社山津精機
〒410-0873
静岡県沼津市大諏訪811番地
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土・日(社内カレンダーをご確認ください)

ダイカスト金型の製作なら「技術力」に定評がある、静岡の【有限会社山津精機】へご依頼ください!金型設計だけでなく、試作段階から一貫してのご依頼も承ります。

  • 055-921-6996 055-921-6948
  • お見積り・お問い合わせ
2017年12月営業カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2018年01月営業カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
0
…お休み

Page up